calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

new entries

categories

archives

Tweeeeeet!


ボランティア・義援金募集中!

鎌倉とどけ隊

Mooncup Menstrual Cup
    

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


Sorazora@トットネスマーケット

先日 イングランド南西はデボン州にあるトットネスという街に行ってきました。


ダート川のほとりに位置する、かわいらしい田舎街 トットネス。街の歴史は長く、日本が平安後期〜鎌倉時代の頃には主要なマーケットタウンとして栄えていたという。

坂道のハイストリート。「チェーン店はいらない!!」とCosta Coffeeの進出を退けたという、ローカル重視、個性的な個人店で埋め尽くされています。


最近は新たなニックネーム「トランジションタウン」で名の知れるトットネス。
果てさて、トランジションタウンとは何ぞやと?


NPO法人トランジションジャパンさんのサイトによると... 以下転載抜粋。


トランジション・タウンとは、ピークオイルと気候変動という危機を受け、市民の創意と工夫、および地域の資源を最大限に活用しながら脱石油型社会へ移行していくための草の根運動です。

パーマカルチャーおよび自然建築の講師をしていたイギリス人のロブ・ホプキンスが、2005年秋、イギリス南部デボン州の小さな町トットネスで立ち上げ、3年足らずの間にイギリス全土はもちろんのこと、欧州各国、北南米、オセアニア、そして日本と世界中に広がっています。」


俗に言うオルタナティブピープルが集まっている地域みたいです。

そしてここトットネスでは、毎週金曜日と土曜日の2日間、街の真ん中の広場で繰り広げられるマーケットがあり、街の雰囲気を味わうのや地元の人と交流するにはうってつけの場所...  出店できるか問い合わせてみると...

「朝7時に来て空きがあれば出店していいよ。」と割といけそうな返答。ただし服、ジュエリー、家具はNGとの事だったので、素材と雑貨だけ持って期待半分で行ってみました。なんせ早起きは三文の徳ですからネ!!


出店成功♪

お天気万々歳の青空の下、Sorazoraオープン、ラッキー♪
マーケット散策ビトは、地元の人に限らずツーリストが多かった事にびっくり!! 週末利用でロンドンや各地方から来てた人もいたり。聞けばロンドンから電車で3時間で来れちゃうって。


マーケットに並ぶレギュラーのお店からは愛が感じられる商品が多く、見ているとどれもこれも愛くるしい。手づくりのつくだ煮やせっけん、カード類に木製キッチン雑貨、ハーブに野菜やパンなどなど、どれもこれも日々の暮らしをやさしく彩るものばかり。


ほんと素敵なマーケットでしたヨ。
また春先に訪れてみたいと思います♪


JUGEMテーマ:日記・一般

スポンサーサイト